評価が悪くなる車の傾向について?

2014.9.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車の売却をする時にどのような車が高く売れるのか、興味のある人は居てもどのような車が低い評価になってしまうかを気にかける人はあまりいませんよね。
しかし、売却をする上で重要なのはこのように、査定が下がってしまう可能性のある車の売却を考える時です。
査定のアップを臨むことはなかなか難しいことですが、査定がダウンするのを防ぐということはそれほど難しいものではありません。
そこで、ある程度ダウンを避ける事ができるポイントを抑えておけば、自動車を売却する時に有利になるのです。

まず、査定額が下がりがちな車というのは過走行の車であったり年式が古い車であったりします。
目安としては10万キロ、10年が一般的になっていてここを境に買取金額は大幅にダウンしてしまうことがあるのです。
現在の日本の車はこの程度ではまだまだ走ることができるのですが、広く一般的にこの辺りが買い替えの時期という認識があるだけにどうしても買取金額は下がってしまいがちなのです。
そのため、この時期に差し掛かった車を売る時には大きく減額されてしまう前に、早めに売ってしまうとよいでしょう。

次に外装が汚れている車も査定時に、減額されてしまいやすくなります。
汚れているだけで減額になるわけではありませんが、そのような車は査定の目が厳しくなりやすく減額にならないようなポイントも減額されてしまうこともあるので、査定に持ち込む時にはしっかりと洗車をしてからにしましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。